トップ 刺繍・ネーム入れガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

刺繍・ネーム入れガイド刺繍・ネーム入れの価格 > 徽章を作る時の相場は

徽章を作る時の相場は

徽章を作る時の相場はの画像

徽章はシンボルとして重要な役割があります。会社の社章や弁護士バッジ、議員バッジ、自衛隊、消防士など公的職業でも徽章は使われています。徽章の仕上げ素材にはいくつか種類があります。エポキシ樹脂をベースにした本エポ、七宝、金、銀などがあり、その他にもあります。徽章を作る時の相場は素材やデザイン、形と合わせて最終的な加工方法によって細かく価格帯が決められているのをご存じですか?プラス型代、抜き型代をプラスして最終的な徽章を作る料金となります。徽章を作る場合にはまとまった数量を作る事が多いので、個数単位で料金設定をしている業者もあります。

一般的に一番価格が安いのは銀仕上げで、1個当たりにすると約800円からです。カラーを取り入れた徽章を作る事ができ、七宝仕上げは約900円からと比較的お手頃価格です。カラーを入れる場合には仕上げ方法で本エポ仕上げが料金が少し高めで約1500円からとなります。

徽章は自由にデザインする事もできますし、業者側でデザインする事もできます。シンボルマークとなるものなのでインパクトのあるものを作りたいですよね。アイディアが浮かばない時にはイメージを伝えるだけでもOKです。ただし徽章の素材は色々あるので、サンプル版を貸し出ししている業者もあるようです。返品ができないものなのでサンプルを見てから決めると良いでしょう。

徽章の製作には多くの工程があるため、完成までに約1ヶ月かかります。製作依頼を上げる場合には余裕を持って、依頼する必要があるので注意が必要です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


刺繍・ネーム入れガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ オリジナル手拭いを作ってアピールする

手拭いは厳かな場面で配られたりしているイメージありますが日本の伝統文化品で、日常生活で使える場面が多いです。企業では販促用や記念品として社名を入れて配られたりします。お客様への印象付けとしてもよいアイテムになります。新規オープンのお店やイベント会場でも盛り上げアイテムとして配られています。なぜ手拭いが販促アイテムとして配られているかというと、制作費用が抑えられるという所にあります。加えてオリジナルデザインで作れるのでアピールツールとして使われるのです。 オリジナル手拭いを作

刺繍・ネーム入れガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。